被害者が高齢者

交通事故で被害者が高齢者の場合の慰謝料

18歳になれば男女問わず多くの人が車の免許を取得し、実際に車に乗っている人も多く、交通事故も全国あちこちで毎日何件も起きている世の中です。だからいくら自分が気を付けていても衝突されたり、自分が気を付けているつもりでもちょっとした瞬間に交通事故の加害者になる可能性はゼロとは言えません。

そんな万一の時のために多くの人が任意の自動車保険にも加入をし、加害者になった時に相手の車の修理代、相手がけがをしていればその治療代などを保険会社から保証してもらえるようにしています。車やバイクを購入すると自賠責保険には強制加入となりますが、自賠責保険だけでは保証額が少なく、相手が大けがをして後遺症を残しその後の生活やっ仕事に支障が出てくる場合の賠償金や、万一相手が死亡をした場合、遺族に支払う慰謝料などは自賠責保険だkでは賄われることができないので、任意の字走者保険に加入をすることによって毎月掛け金をしている分、多額の賠償金の保証をしてもらえることになっています。

交通事故の中でも高齢者が被害にあって死亡するケースがとても多くなっています。前子k的に高齢者の人数が多いことも関係しますが、やはり高齢となると、車の音に気付きにくくなったり、危険だと感じても足腰の動きや判断力の衰えによってとっさに逃げることができなくなってその結果交通事故の被害にあってしまい、しかも重症や死亡に至るケースも少なくありません。

そして後遺症がひどく自力での生活が大変になったり、なくなったために遺族が慰謝料を請求した場合。高齢者だからもう十分人生を謳歌したのではないかということで保険会社は慰謝料を低めに提示をするところが多いのです。しかしそんなことは決してなく80歳でもまだまだ仕事をしている人もいれば90歳でも健康に気を使って家族と楽しく生活している人もたくさんいます。また面倒を見なければいけない娘や息子がいて「自分がいなくなったらこの子は生きていけない」と思い、何らかの手立てをと考えているうちに交通事故でなくなったという無念な亡くなり方をする人もいるのです。だから突然自力で生活できなくなったり、亡くなった場合の遺族への慰謝料は若い人とは何ら変わりがないはずなのに低めに提示され、不服を申し出る人も多いのです。

そんなときは交通事故の弁護士に相談するとよいでしょう。任意で加入している保険会社の保証内容に弁護士に依頼するための費用が含まれていることもあるので、もしそれに加入しているなら利用して、またそれがない場合も無料相談できる弁護士を探して相談してみるとよいでしょう。