自賠責基準

交通事故の入通院慰謝料における自賠責基準の意味と効果

交通事故の慰謝料には2種類あります。被害者が交通事故による怪我の治療の為に入院したり、通院したりすることに対する入通院慰謝料と、被害者に後遺症が残った場合のその後遺症に対する後遺障害慰謝料です。この中で、入通院慰謝料についてはその算定に関して様々な基準が有るため、加害者側と被害者側の考え方が異なり、トラブルの元になることが多いのです。そのため、この算定基準について正しい知識を持っておくことでトラブルを未然に防ぐとともに、正当な金額を要求するための礎になるので、是非憶えておきたいものです。

交通事故の入通院慰謝料の算定基準には大きく分けて3つの基準が有ります。自賠責基準と呼ばれるものと、任意保険基準と呼ばれるもの、弁護士基準と言われるものです。このうち弁護士基準と言われるものについては、金額において相手方との不整合が生じた場合などに弁護士を立てて争う場合の基準です。その為一般的な金額に比べ割高になっている傾向があり、また交渉をする際の基準とするためのものなので実際にこの基準で支払われるというものではありません。一方自賠責基準と任意保険基準は実際の金額を保険会社が算定する際の基準としているものですので、実際にこの金額で支払うという基準になります。

自賠責基準と任意保険基準とでは明確な区別が有り、交通事故の加害者側が被害者側に支払う治療費、休業損害、通院費、入通院慰謝料などすべとの総額が120万円を超えない場合に限り適用されることとなっています。自賠責基準では入院の場合は入院の期間、通院は実通院の日数を2倍したものと治療期間を比べて少ない日数の法を治療日数として適用し、自賠責保険の計算基準である1日4,200円をかけて計算することになっています。但しその合計を含めた被害者に対する総支払額が120万円を超えてしまう場合には、任意保険基準に計算式を切り替えて算定するという形になるのです。

交通事故における怪我の治療や後遺症の問題は被害者本人にとっては非常に辛いものです。その為出来るだけ多額の慰謝料をもらいたいという思いが有るのは当然で、その算定基準を理解していないと加害者側の提示金額に対してどうしても不信感を憶えてしまうところもあります。しかし、支払い基準を理解しておくことで相手方との交渉をスムーズに行うことができるほか、早くお金を手にすることもできるため結果的にはより良い解決方法を生み出します。