耐震等級を重視

耐震等級を重視して建てる厚木の一戸建て住宅

厚木で一戸建て住宅を新築するには、建築基準法に適合した建物にすることが基本となりますが、現在の法律に則って設計を行えば新耐震基準に適合した一戸建てを新築することが可能です。

厚木以外の地域でも耐震性能の高さは重要ですから、設計プランを計画する際には耐震等級を意識することも大切です。耐震等級には1等級から3等級までがありますが、1等級は建築基準法と同程度の建物であることを意味します。

2等級は1等級の1.25倍、3等級では1等級の1.5倍の地震に耐える性能を持っているのです。一戸建て住宅を新築するには高額な費用が必要ですから、寿命がくるまで安心して住み続けたいと考えるのが普通です。

そのため、一戸建て住宅にも耐震性能の高さを求めるケースが増えていますが、等級を高くすれば耐震性能は向上するものの建築コストも当然のように高くなってしまいます。

一戸建て住宅を倒壊させる程強い地震は数百年に一度発生するかしないかの確率ですから、耐震性能にこだわり過ぎる必要はないと考えることも可能です。建築基準法に則って設計をすれば震度6から震度7程度までの地震でも倒壊しない性能を持っていますので、必要十分な耐震性能は確保されているのです。

木造の一戸建て住宅で耐震等級を上げるよりは、鉄筋コンクリート造など基本性能の高い構造を選択した方が経済効率が良い場合もあるのです。木造住宅は木材の柔軟性を利用して地震に抵抗しますが、鉄筋コンクリート造は構造体の強度で地震に抵抗しますので、揺れることで地震に耐える木造と揺れないことで地震に耐える鉄筋コンクリート造という性質の違いがあるのです。

厚木では防火指定のある地域もありますので、防火地域に建てられない木造よりも、耐震性能と防火性能の高い鉄筋コンクリート造の方がコストパフォーマンスが高い場合もあります。

木造住宅を地震に強い建物にするには制震工法を採用することも良い方法ですが、重心のバランスを整えることでも効果を発揮することが可能です。瓦屋根よりは鉄板を使用した方が建物の自重を軽くすることが可能ですので、屋根の重量によって揺れにくい建物を実現できるのです。

耐震等級を高めれば設計プランの自由度が少なくなるケースもありますので、極端にこだわりすぎると間取りにもデザインにも制約が多くなる場合もあるのです。経済的に新築することでゆとりの生活が確保できますので、建築コストを抑えることも大切なのです。”