土地の広さについて

厚木での一戸建ての土地の広さについて

厚木での一戸建てを建築することができるだけの土地の広さを確保することが難しい場合もあります。都市においては居住用の住宅の建築に必要な土地の広さを確保するのに相当な金額でないと購入ができない可能性もあり得ます。

そうした際に厚木の市街地でも多少厚木の中心地から離れた場所でも活用を考えたいのが、分譲地です。分譲地であれば最初にある程度の土地の確保ができているため個人で土地を探す手間が省ける点と、注文住宅になりますが一戸建ての住宅建築に関して業者にある程度任せることができる点がメリットになります。

分譲地では同じような物件が建つことになることが多いために、外観上もその中も同じような住宅になってしまいがちですが、場合によっては多少内部のレイアウトなどを変更することができる可能性もあります。

購入する前にどういった物件になるのかは平面図や完成見取り図などのようなものである程度確認ができることも多く、しっかりと確認して内装などで気になる点についてはしっかりと確認の上で質問等でも担当者から聞いておくことが大切です。

また、こうした注文住宅の一戸建てで問題になるのが、冷暖房です。エアコンの設置についてどこに配管を通すべきか、室外機の設置場所として問題はないかどうかについても担当者に確認する必要があります。

分譲地の場合、周りの家との間に壁などの敷居がないことがあり、室外機を外に見える場所に置いていた場合にその室外機自体を盗まれる可能性があります。

室外機はその中の部品などを転売する場合や、室外機そのものを大陸に持って行って解体して、室外機の中に使われている銅などの金属を取りだして売却して儲けるといった行為を行う者もいますので、可能であれば室外機は敷居の中である程度外部からは見えない場所に設置したい旨を担当者に伝え、防犯対策についてどう考えればよいのか確認をすることが大切です。

分譲地で気を付けないといけないのは入居時においてどういった人がその地に住むことになるのかは分かりません。近所付き合いの問題もありますが、壁などの敷居がない場合には他者から部屋の中が丸見えということもあり得ます。

一戸建ての庭などから住んでいる生活状況などが丸分かりということもありますから、そういった点が気になる人は分譲地での一戸建てについては考えたほうがいい場合もあります。必要以上に近所などの他者から干渉される可能性もあり得るためです。”