ネット回線について

厚木での一戸建てのネット回線について

厚木での一戸建ての建築を考えた際に、インターネット回線をどうするかについて迷う人もいます。考えられるネット回線は光回線かADSL回線かになりますが、どちらにもそれぞれメリット、デメリットがあります。

また、光回線を引いたからと言って光だけしか使えないような環境であればともかく、一般の電話回線を引いているのであれば光にもADSLにも対応ができますから、業者に言われるがままに光だけにすると言った行為は避けたほうがいい場合があります。

その一戸建てでの生活の中でインターネット回線を使用してどういった目的が主で使用するのかによって光でもADSLでもどちらでも考えればよいので、あとは毎月の生活費の中で光回線にすれば高くなりがちですから、最寄りの中継地が遠く安定しないから光でないと駄目であるとかなどの理由があれば光の方がいい場合もあるでしょうし、高いことを敬遠してADSL回線で行きたいという人であればそちらでも問題はない人もいるでしょう。

こうした総合的な観点から決定するようにすれば問題はないと考えられています。

厚木のように関東のそれも都市圏であればADSL回線の中継局まで比較的近い可能性が高いために、一戸建ての建築の際に建築業者に確認をしてみてもいいでしょう。

最初は安価なADSL回線で使用して、速度や安定性で問題があるなどの場合などでどうしても不満がある際には、途中で契約を変更して光回線でのネット接続に切り替えるなどの対応ができるように、光でも電話回線でも対応ができるような一戸建てにしてもらうように依頼する方がベターであると言えます。

選択肢が最初から特定の条件だけにするのは住んでみないと何とも言えないことが多いので、こんなはずじゃなかったと後悔する危険性も高くなります。そう言った危険性を回避するためにも複数の選択肢を持てるように一戸建てを建築する方向で話をするのがよく、それは何も厚木だけに限った話ではありません。

ネット回線以外でもインフラ整備の観点で、地域によっては行政の整備が遅れている場合もあります。

その地域での生活をある程度家族で話し合ってみて、疑問点や不安な点をあらかじめ確認をしておくことで、建築業者や不動産販売業者などに確認をした上で購入をするという流れがよく、一戸建てを購入することに舞い上がってしまって、すべてを業者の言いなりで購入して後で後悔することがないように、事前に情報収集を心がける努力も必要です。”