支払いはいつ?

交通事故の慰謝料の支払いはいつ行われるか

交通事故に遭ってしまった場合には基本的に相手方から物損における修理代金や怪我をした場合の治療費、および会社を休んでしまった場合の休業補償、および慰謝料が払われることになります。
このうち修理代金や治療費はその費用が確定してから払われるのが基本ですが、交通事故の慰謝料についてはその算定基準や払われる時期が不明確な部分があり、保険会社や事故の状況により大きく変わってくるので注意が必要です。交通事故で慰謝料が出るからと安心していると、なかなかそれが出ないと言って相手方と揉めることになることも有るからです。

例えば保険会社が交通事故の慰謝料などの費用を負担する場合、自動車を破損してしまった場合の修理代金は自動車の修理工場が修理前の状態を写真に撮り、修理費の見積もりを保険会社に提出した後、実際の修理を行いその請求書を保険会社に提示して支払いを受けます。この場合には修理工場の支払い条件に従い払うことになります。また治療費の場合には病院から請求書が保険会社に届き、その支払い条件に基づいて病院に払われるので本人に入金されることはありません。しかし、交通事故における休業補償や慰謝料については基本的にはそのすべての修理や治療が完了した後、精算して払われることになるのです。これは休業補償については実際に休業したかどうかまたは休業補償の根拠として提示された収入が正当であるかどうかを勤務先などに確認し、その結果を踏まえて休業補償の金額を算定するからです。保険会社によっては休業や治療が長期にわたる場合には一時金を支払ってくれるところもありますが、大抵はそのすべての確認が終わってからの支払いとなるので、実際にはすべて完了してから数カ月先になってしまうこともあります。慰謝料も同様で、治療や修理の度合いを確認したのちに基準に基づいて金額を計算するため、同様に数カ月先になってしまう場合もあります。

最近では多くの保険会社で、交通事故による入院が長期にわたったりむち打ちなどの特殊な障害となった場合には一カ月単位で休業補償を払ったり、また暫定的に慰謝料の一部を払ってくれることが多くなりました。これは被害者の入院などが長期にわたると金銭的にひっ迫してしまうことを防ぐための救済措置として行うものです。しかし保険会社によってはこの制度が無い保険会社もまだ多く、実際にはお金が出るのはすべての治療や修理が完了してからとなるため注意が必要です。